失敗しない!肩こり・首こり解消に最適な枕おすすめランキング

【六角脳枕】超熟睡できるヒンヤリ安眠枕の特徴
楽天「低反発枕」ランキングでも連続1位【六角脳枕】
めざましテレビをはじめ各メディアで話題騒然!人気芸人ナイツも絶賛!
フットサル日本代表の高橋健介選手やスピードスケートバンクーバーオリンピック代表の酒井裕唯選手にも愛用されています!
いま、日本人の10人に1人は不眠で悩むと言われる国民病となっています。
六角脳枕は、枕での悩み「肩こり」「頭痛」「首こり」「不眠症」などがラクになる構造になっています。
その秘密はWの凸凹構造によって素晴らしい寝返り感を実現しています。
※安心の全額返金キャンペーン実施中!!

めりーさんの高反発枕

【めりーさんの高反発枕】球界のレジェンド山本昌さん愛用!の特徴
山本昌さんも愛用している「めりーさんの高反発枕」ヒミツ♪
1.自然な寝返りをサポートする反発力
2.頸椎(首の骨)を支え、正しい寝姿勢を実現
3.体圧分散に優れ、首への負担を最大限に軽減
4.8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性
5.通気性が良く蒸れにくい
6.ダニを寄せ付けずホコリも出ないので安心
※安心の90日間返金保証付き
【YOKONE2】横向き寝専用枕の特徴
TVや書籍で話題!イビキを低減して睡眠の質を上げる枕【YOKONE2】
首の脂肪や筋肉がゆるんで気道が狭くなってイビキが発生します!
横向きで寝ると気道が狭くならないためにイビキをかきづらくなるのです。
そこで横向き寝専用枕【YOKONE2】
1.いびきの軽減!
2.睡眠時無呼吸症候群の防止!
3.腰痛が楽になる!
4.睡眠の質が上がる!
【ストレートネック枕】肩こり・首こり・猫背に!の特徴
『ストレートネック矯正枕』+『矯正メソッド』のコラボレーション
ストレートネックが原因となる様々な体の不具を解消!!
[肩こり][首こり][頭痛][不眠][猫背]
【スローコアピローPRO-EX】
⇒ストレートネックを解消する全く新しいマクラ
【スルーコアエクササイズ】
⇒枕を使ったエクササイズ!全く新しい矯正プログラム

肩こり・首こりの原因は枕!?肩こり・首こりが改善できる理想の枕の選び方

肩こりや首こりと枕には本当に関係性があるの?

肩こりや首こりに悩まされている人は多いです。
肩こりや首こりの原因がどこにあるかですが、いくつか要因はあります。

 

その中の一つにがあるのは事実です。
合わない枕を使っていると首や肩に負担がかかって、筋肉のこわばりを起こす可能性が高まります。

 

首こりや肩こり対策をしたければ、肩や首に負担のかからないフィットする枕を選ぶことが重要です。
そこでここでは、自分にマッチする枕の選び方のポイントについて紹介しましょう。

首こりや肩こりの原因と枕の使い方の関係性

肩こり首こりの関係は深いものがあります。
その中でも主に4つの要因が関係していると考えられます。

姿勢

まずは寝ている時の姿勢についてです。
眠っているときに正しい姿勢が取れていれば、体にかかる負担が分散し、一つの特定の場所に集中することはないです。

 

では眠っているときの理想的な姿勢とはどのようなものでしょうか?
寝ているときの理想的な姿勢のポイントになるのは、まず仰向けに寝たときに肩口と頭が10~15度程度の傾斜になっていることです。

 

この角度を保って眠ると、頚椎の湾曲を自然な形でキープできるといわれています。
また顔が5度くらいうつむく程度の傾きを維持することです。

 

こうすることで気道の通りがスムーズになって、睡眠中の呼吸もしやすくなります
眠っているときに寝返りを打って、横向き寝をすることもあるでしょう。

 

横向き寝の場合の理想的な姿勢は頸椎が床に対して水平の真っすぐの状態になることです
このような寝姿勢を維持できれば、肩や首の筋肉をこわばることもなくなるでしょう。

 

このように頭の位置がどこにあるか、眠っている時の姿勢では重視されます。
頭の位置を正しくするためには枕が重要なポイントになります。

 

枕が合っていないと頭を正しいポジションにとどめることができなくなります。
そして肩や首の筋肉に負担がかかって、コリを発症しやすくします

合わない枕

このように枕が合っていないことが首こりや肩こりに関係しています。
まず枕の高さが合っていないケースが考えられます。

 

もし枕が高すぎると、不自然に頭が持ち上がってしまい、肩や首の筋肉がずっと緊張した状態が続きます。
常に肩と首に力を入れているようなものなので、血流も悪くなって疲労物質や老廃物も取れずに肩こりや首こりが起こりやすくなります。

 

逆に低すぎても首こりや肩こりの原因となる可能性があります
枕が低すぎると、首と枕がうまくフィットしなくなるためです。

 

首とマットレス・枕それぞれとの間に隙間が生まれやすくなります。
隙間ができるということは、その部分はサポートが一切ないことになります。

 

そうなると首や肩の筋肉が支える形になって、緊張しやすくなります。
硬すぎる素材の枕も同じように隙間が生まれるので、首こりや肩こりの原因となる可能性が出てきます。

 

では柔らかすぎる枕で良いのかというとそうではないです。
柔らかすぎる枕の場合、後頭部を乗せると枕が簡単につぶれてしまいます。

 

素材によっては後頭部が底についてしまうケースも出てきます。
すると後頭部に圧迫感が生じてしまい、肩と首の筋肉に違和感を抱きやすくなります

枕の使い方

枕が合っていても使い方が悪いと、肩こりや首こりの原因となる可能性があります。
例えば枕を使うにあたって、頭だけを乗せるものと思っている人がいればそれは間違っています。

 

枕の上に頭だけを乗せると、首の下に隙間が生じてしまいます。
そうなると先ほども紹介したように首の支えがなくなり、筋肉に負担がかかります。

 

その結果、首こりや肩こりを誘発してしまうのです。
また後頭部を枕の上にのせていると、後頭部の血行が悪くなります。

 

その結果、起きたときに体にしびれを感じることも増えますので使い方を見直しましょう。
最近では自分の頭部・肩にフィットするようになだらかなカーブになっている枕も出ています。

 

この枕の使い方を間違っている人もいるようです。
それは枕の2つある山の低いほうを手前にした使い方です。

 

このようなふたこぶ状の枕が登場した理由は頸椎の形状にフィットさせるためです。
枕の山の高いほうを手間に持ってきて頭を乗せると、この湾曲が維持され、眠っている間片や首の筋肉に負担をかけることもありません。

 

ところが逆にセットしてしまうと、顔が大きくうつむいた姿勢になってしまいます。
その結果、肩や首の筋肉に不自然な姿勢を強いることとなり肩こりや首こりの原因となりえます。

 

また必要以上にうつむくことによって、呼吸がしづらく圧迫されたようになるのもデメリットです。
もし使い方を誤っているようであれば、早急の見直しを検討しましょう

体のゆがみ

合わない枕を使っていたり、枕の使い方が間違っていると、体のゆがみを引き起こす可能性が出てきます
体がゆがんでしまうと、体の特定の個所に大きな負担がかかります。

 

その結果、肩こりや首こりを誘発しやすくなります。
合わない枕のほかにも長時間同じ姿勢を維持するような仕事をしている人もゆがみやすいです。

 

ストレッチなどで体のゆがみを解消するように対策しましょう

肩こりや首こりを予防するには正しい寝方をマスターしよう!

仰向けで寝ること

肩こりや首こりに悩まされているのであれば、寝方を見直してみるといいでしょう。
いろいろな寝方のスタイルがありますが、その中でもおすすめしたいスタイルはあおむけです。

 

仰向けは本来人間の体に最も負担のかからない、理想的かつ自然な寝方といわれているからです。
仰向けがなぜ肩こりや首こり対策に有効なのか、それは肩に最も負担のかからない寝方だからです。

 

肩こりは簡単に言えば、肩の筋肉が疲労していることで起こります。
肩の筋肉を休めるという意味では仰向けがおすすめなわけです。

 

また息がしやすいのもおすすめポイントです。
息ができるということはそれだけスムーズに眠っている間、酸素を取り込むことができます。
血行の促進につながって、疲労物質や老廃物の排出もスムーズにいきます

横向き寝もおすすめ

仰向けに次いでおすすめの眠る姿勢として、横向き寝があります。
先ほど紹介した高すぎず・低すぎずのフィットする枕で眠れば、肩に大きな負担をかけずに済みます。

 

横向き寝を特にお勧めしたい人がいます。
まずはいびきをかくことの多い人です。

 

いびきを頻繁にかく人は、睡眠時無呼吸症候群を発症している可能性があります。
横向き寝をすれば、この睡眠時無呼吸症候群の予防効果が期待できます。

 

仰向けで眠ると、舌が気道のほうに落下しやすくなりいびきが起こります。
横向き寝であれば舌の落下が起こりにくく、いびきもかきにくくなります。

 

また妊婦さんにもお勧めの寝方といえます。
妊娠して時間が経過すると、おなかがどんどん大きくなります。

 

するとあおむけ寝をするのは厳しくなります。
そこで横向き寝をすれば、おなかにかかる負担が軽減されますし、肩こり・首こり予防につながっていきます

うつぶせ寝は控えること

一方お勧めできない寝方は、うつぶせ寝です
うつぶせ寝の場合、顔がまっすぐの状態で眠り続けることは不可能です。

 

息ができないので呼吸するために顔を左右のいずれかに動かしているはずです。
顔だけ左右にひねった状態で眠れば、当然のことながら首の頸椎に負担がかかります

 

長期間続けているとほっかくのゆがみを引き起こし、頚椎とつながっている肩のゆがみを誘発する可能性があります。
しかもうつぶせ寝の場合、胸をずっと圧迫させる形になります。

 

となると呼吸がしにくくなって、体にスムーズに血液が巡りにくくなります。
血行不良の結果、老廃物や疲労物質がスムーズに排出されず肩こりや首こりの原因となる可能性があります

枕を見直すことによって期待できるメリットとは?

肩こり・首こりの症状改善の可能性

現在使っている枕が合っていないのであれば、見直しを進めましょう。
自分に合った枕を選ぶことで、睡眠中体にかかる負担を軽減できます。

 

自分に合った枕とは眠っているときに頸椎がくの字の湾曲している状態です
この姿勢をキープできれば、首や肩の筋肉にかかる負担を軽減できます。
また頭や顔の血液の循環もスムーズになって、肩こりや首こり解消効果が期待できます

腰痛対策にも効果あり?

また腰痛対策にも効果が期待できます。
首の角度が正常でないと背骨の流れや骨盤にまで影響をもたらします。

 

おのずと腰にかかる負担も大きくなってしまって、腰痛を引き起こす可能性が出てくるわけです。
逆に自分に合った枕に見直すことで、首の角度が正常になって背骨や腰への負担も軽減されます
その結果、腰痛の症状を軽減・解消できる可能性も期待できます

首のしわができにい

女性にとって首のしわは気になるところでしょう。
顔が実年齢よりも若く見えても首のしわが目立つと老けた印象を与えかねません

 

例えば高すぎる枕を使っていると、あごを引いたような姿勢で長時間いることになります。
そうすると喉元を中心として首のしわができやすくなります。
枕を見直して自分に合った高さのものに変えると、必要以上に顎を引くこともなくなって首のしわができにくくできます

いびきの軽減効果も

いびきがひどいといわれたことのある人は、枕を見直してみるといいでしょう。
枕の高さが合っていないと、いびきをかきやすくなります。

 

枕の高さが合っていないと、首が不自然な方になります。
すると気道が圧迫されてしまって、気道の通りが悪くなりいびきを引き起こしやすくなります
いびきを周りから指摘されているのであれば、枕の見直しを進めれば症状を改善できる可能性はあります

睡眠の質が向上する

きちんと睡眠時間をとったつもりでもきちんと眠った感じがしないという人はいませんか?
もしそうであれば、枕の見直しをしたほうがいいです。

 

枕が合っていないと上で紹介したように、首や肩、腰などに無理がかかります。
姿勢に無理があると深い眠りは期待できません

 

その結果、疲れが取れないのです。
枕を見直せば、自然な姿勢で眠れるようになり深い眠りに落ちやすくなります。
その結果、翌朝前日の疲れもしっかりとれ寝覚めもよくなるでしょう

肩こりや首こり対策での枕の選び方のポイントは?

体型別・理想の枕の基準

このように肩こりや首こり対策には、自分に合った枕で眠ることが大事です。
選び方のポイントはいくつかあって、体形も含まれます。

 

体形によって理想的な枕は変わってきます。
肉付きのいいがっちり体形の方であれば、4~5㎝位の少し高めの枕を選ぶといいでしょう。

 

背中に厚みがあるので自然な姿勢を維持できます。
女性でがっちり体形・肉付きがよければ上で紹介した高さから0.5㎝程度低くてもいいでしょう。

 

標準体型からスマートな方であれば、3~4㎝程度の高さの枕の中から選ぶといいでしょう。
やせ型の人は、もう少し薄めで2.5~3㎝程度の高さの枕でもフィットするはずです。

低反発・高反発枕はどう?

枕を見てみると、低反発や高反発などいろいろな商品が出てきています。
低反発枕は頭が沈み込んで包み込んでくれるということで注目を集めました。

 

しかし低反発枕の場合、頭が必要以上に沈み込んでしまうと寝返りが打ちにくくなります
寝返りは骨格のゆがみなどを解消するために無意識の中で眠っているときに行うものです。

 

ところがこの寝返りが打てなくなると体に負担がかかって肩こりや首こりを引き起こす可能性があります。
高反発の枕は寝返りがしやすいので首こりや肩こり対策のために枕を見直したいと思っている人にお勧めです

自分の首・肩にフィットしているかどうか?

枕を選ぶ際に重要なのは、自分の首や肩の形状にフィットしているかどうかです。
そのためには、枕に頭を預けたときに首から肩にかけて隙間ができないかどうかをチェックすることです。

 

枕が頭部から肩にかけての重さを受け止め支える形になってくれれば、肩や首の筋肉への負担を軽減できます。
このため、肩こりや首こりが起こりにくくなります。

 

同様で頭にもしっかりフィットしているかどうかも確認しましょう。
頭に隙間ができていると、頭部が眠っているときに安定しません。

 

その結果、首や肩の筋肉が支える形になって負担がかかり、肩こりや首こりが起こりやすくなります。
先ほども紹介したように、眠っているときに寝返りを打つことは大事です。

 

そこで枕を選ぶ際には、無理なく寝がえりが打てるかどうか確認しましょう
できればお店で実際に枕を使って、顔を左右にスムーズに動かすことができるかチェックしましょう。

 

このような選び方に注意して、自分に合った枕を探してみましょう

 

>>肩こり・首こり解消に最適な枕の詳細はこちらから確認できます♪<<

【肩こり・首こり解消枕】関連記事

六角脳枕

【六角脳枕】は枕の口コミランキング第一位!朝までぐっすり眠れると評判の安眠枕!眠りの3重苦、肩こり・頭痛・不眠にお悩みのあなたに!!安心の全額返金キャンペーン実施中!そんな【六角脳枕】を一番お得に購入できるのはやっぱり公式サイトだけ!▼▼▼公式サイトはこちら▼▼▼https://shop.ichiban-boshi.com/6makura六角脳枕は独特のデザインによって寝返りが打ちやすい?寝返りが...

六角脳枕

【六角脳枕】は枕の口コミランキング第一位!朝までぐっすり眠れると評判の安眠枕!眠りの3重苦、肩こり・頭痛・不眠にお悩みのあなたに!!安心の全額返金キャンペーン実施中!そんな【六角脳枕】を一番お得に購入できるのはやっぱり公式サイトだけ!▼▼▼公式サイトはこちら▼▼▼https://shop.ichiban-boshi.com/6makura肩こりがひどい私|寝てもなかなか疲れが取れなかった私は長年肩...

めりーさんの高反発枕

肩こり・首こり対策に【めりーさんの高反発枕】首筋のスキマを埋め、頸椎(首の骨)を支える設計安心の90日間返金保証キャンペーンを実施中!!そんな【めりーさんの高反発枕】を一番お得に購入できるのはやっぱり公式サイトだけ!▼▼▼公式サイトはこちら▼▼▼https://motton-japan.com/インターネットでめりーさんの高反発枕の存在を知る私は大学生のころから、ずっと肩こりに悩まされてきまいた。...

YOKONE2

腰 肩 頭 ストレートネック いびき 無呼吸でお悩みの方へテレビや書籍でも話題!いびきを軽減し睡眠の質を上げ朝に疲れが取れやすくなる枕YOKONE2公式サイトで返金・返品保証お試しキャンペーン実施中!▼▼▼公式サイトはこちら▼▼▼https://ec.intiinti.com/yokone2デスクワークには肩こりが付き物…YOKONE2なら改善される?デスクワークを行っていることもあって、1日に何...

スローコアピローPRO-EX

全く新しい【ストレートネック】矯正法。何をやってもダメだったあなたへ。お客様「満足度」92.7%の実績!!肩こりや頭痛、ストレートネックなどがこの枕に寝るだけで治る!そんなスローコアピローPRO-EXを一番お得に購入できるのはやっぱり公式サイトだけ!▼▼▼公式サイトはこちら▼▼▼https://slowcore.net/肩こりの原因はストレートネックだった!ストレートネックとは?肩こりがあまりにひ...